神流町は、平成15年4月1日に旧万場町と、旧中里村が合併してできた新しい町である。群馬県の南西部に位置し、北は藤岡市、下仁田町に、南は秩父市と小鹿野町に、東は藤岡市鬼石、西は上野村に接している。周囲をほぼ1000m級の山々に囲まれ、山林が約9割を占め、自然が豊かである。中央を西から東へ流れる清流神流川に沿って集落が点在している。
 人口は2,077人(平成28年4月1日現在)であるが、高齢者が5割を超える高齢化と昭和30年代の後半からの人口流出による過疎化が進んでいる。
 町のシンボルである『鯉のぼり』と『恐竜』は、全国的に有名である。平成25年11月より、待望のゆるキャラ「サウルスくん」も登場している。

 本校は、町村合併に伴い、万場小学校と中里小学校が統合し、平成16年4月1日に、『神流町立万場小学校』として、旧万場小学校の校舎を使い、新たに開校した。
 本年度(平成29年度)の児童は31名、6学級編成である。児童は、徒歩と3台のスクールバスにより、東西約16kmの範囲から通学している。学校教育に対する保護者の協力と地域の教育力は健在で、地域ぐるみで児童を育てている。
 平成24年7月20日に新校舎が完成した。夏休み中に、児童だけでなく、保護者・役場職員・議会議員の方々のご協力により、引っ越しを行った。旧校舎は24年度中に取り壊された。現在、床や壁、階段等に木の温もりが感じられる新校舎で、 充実した活動が展開できている。

■学年別児童数■
(平成29年4月)

  1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 2 組
男 子 2
1
1
1
3
2
10
女 子 3
3
6
2
3
4
21
5
4
7
3
6
6
31
  対岸の山から見える新旧校舎
*崖下の右側の校舎が新校舎、
  左側が解体される前の旧校舎で
  跡地には保育所と給食センターが
  建設されました。 
   (2012年9月14日撮影) 
  上記の解説文中の中央を西から東へ流れる清流神流川に沿って集落が点在している。を示した写真。        城山山頂から撮影
                 
写真提供 岩崎大岳氏